So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

つくば研究施設めぐり(2)(恋する小惑星(アステロイド)聖地巡礼(4)) [聖地巡礼(舞台探訪)]

(前回からのつづき)

次に向かったのは、産総研に隣接するJAXA(隣接といっても入口から入口まで1kmあるからつくばは・・・)。
正式名称を宇宙航空研究開発機構という、言わずと知れた日本の宇宙開発を担っている中心的組織です。
koiasu30.jpg
koiasu30r.jpg
JAXAといえばこの写真。だれでも同じ写真が撮れるように、路面の模様が目印になっています。
ちなみに、この展示されている本物のHⅡロケット、50mの長さがあり、立てると後ろのビルと同じくらいの高さだそうです。

ちょうど時間となったので、日に2~3回行われている見学ツアーに参加してきました。結構人気があり、土日は予約必須です。参加費は大人(18歳以上)500円、高校生以下は無料です。地学部一行は無料ですね。
構内は専用のバスで移動。
bus.jpg
こちらに40人ぎっしり詰め込みます。
koiasu31.jpg
koiasu31r.jpg
(↑合わせるために左右反転)

まず向かったのは宇宙飛行士養成棟。入り口を入ると宇宙服がお出迎え。
space.jpg
当然これはレプリカですが、本物のお値段はなんと10億円以上。すげぇ高いと思いましたが、ガイドさんの「これ1着が宇宙船のようなもの」との説明を聞くと、あぁそんなもんかと思えてくる不思議。
こちらがかの有名な(?)閉鎖環境適応訓練設備。
koiasu32.jpg
koiasu32r.jpg
訓練設備とありますが、宇宙飛行士の選抜試験もここで行われたそうです。ここで真っ白なジグソーパズルでもやるのかな?
内部は実際には見れないので、模型が展示してあります。
koiasu33.jpg
koiasu33r.jpg
すぐ隣にはエベレストの山頂よりも空気の薄い低圧環境を作り出す施設があり、宇宙での生活に必要な素質を磨くことができそうですね。

次の見学場所は宇宙ステーション「きぼう」の運用管制室。
control.jpg
現在宇宙を飛んでいる国際宇宙ステーションの日本モジュール「きぼう」の管制を24時間体制で行っている施設です。まさに運用中の重要施設なので、写真はNG。撮影可能な機器はしっかり入口で回収されます(上の写真は写真撮影可能エリア。この先に管制室(の見学施設)がある)。
こんな大プロジェクトなら大勢の人がいるのかなと思いきや、この時いた職員の方は5人程度でした(モニターはたくさんありますが)。

バスで戻った後は、無料で見られる展示施設SPACE DOMEへ。
dome.jpg
中は主にこれまでに打ち上げた人工衛星の紹介がされています。
koiasu34.jpg
koiasu34r.jpg
人工衛星をこれでもかと並べられたら、特に宇宙に興味のなかった人でもはしゃいでしまいますよ、これ。
koiasu35.jpg
koiasu35r.jpg
一口に人工衛星といっても、機能はもちろん大きさも様々で、片手に乗るような小さい立方体の箱のようなものから、写真にあるような人の背丈よりはるかに大きいものまで。
IMG_9996.jpg
そういえば、国際宇宙ステーションや、そこについている「きぼう」も、人工衛星の一種ですね。
koiasu36.jpg
koiasu36r.jpg
毎時1回、合流離脱自由のガイドツアーがあるので、そこに参加すると面白い話が聞けますよ(宇宙では500mlの水が100万円の価値だとか、人工衛星に貼られている金色の保護シートはマジックテープで貼ってあるとか)

他にも歴代ロケットの模型や、一躍時の人(人?)となった小惑星探査機「はやぶさ」の展示もありました。
koiasu37.jpg
koiasu37r.jpg

トイレの案内も宇宙風?
koiasu38.jpg
koiasu38r.jpg
しっかりアニメでも出てました。

そろそろバスのお時間なので、JAXAを後にしましょう。
↓JAXA外周に建っている看板
notice.jpg
ここだけ他の研究施設とは違った物々しい看板が建っていました。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

つくば研究施設めぐり(1)(恋する小惑星(アステロイド)聖地巡礼(3)) [聖地巡礼(舞台探訪)]

こちらからの続きでもある

つくば市は筑波研究学園都市として国の研究施設が集められ、集められるということはそれだけ土地がある田舎だったので長らく陸の孤島でしたが、2005年につくばエクスプレスが開通し、都心との行き来が便利になりました。
そんな研究施設は広報施設を併設しているものも多く、国の施設だけあって無料で見れるところが多くあります。前からずっと行ってみたいと思っていたのですが、関東でもそれなりに遠いのであと一押しが欲しかったところに、アニメ「恋する小惑星(アステロイド)」で研究施設巡りをやっていたので、聖地巡礼がてら行ってみることにしました。

ということで、登場人物たちが住む(?)川越から電車を乗り継ぎ2時間半、つくば駅に到着。
tsukuba.jpg
ここからバスに乗って目的地に向かいます。
土日祝日は「つくばサイエンスツアーバス」という、研究施設の広報施設をめぐる路線バスが運行されるのですが、時間がうまく合わなかったので普通の路線バスに乗車。
そしてやってきた1ヶ所目はこちら。
koiasu20.jpg
koiasu20r.jpg
koiasu21.jpg
koiasu21r.jpg
「着いた~!」
産業技術総合研究所(産総研)の中にある地質標本館です。
平日は産総研の無料シャトルバスが運行されており、これに乗ってもよいようですが、この日は土曜日。乗ろうと思ったのに残念。

ここは名前の通り、地質に関する展示館。文字通り「国土」の成り立ちの歴史や、生活と地質のかかわりなどが詳しく紹介されています。
その中でも一番の見どころ(と思っている)は、地質「標本」館だけあって、鉱石や化石の展示室。
koiasu22.jpg
koiasu22r.jpg
もともと鉱石は見ているだけでワクワクする人ですが(国立科学博物館でも見入ってました→こちらの記事でどうぞ)、ここの量は半端ではないです。展示室に入りきらず、入口の外や2階の通路にも展示がされています。
tenji.jpg

県の石というものもあるそうで、「各地でとれる特徴的な石は県の石に認定されている」(byイノ先輩)んだそうです。
koiasu23.jpg
劇中だとこの後京都の桜石に話が行きますが、ちゃんとすぐ横に並んでいます。
koiasu23r.jpg

石といえば、これも石。
koiasu24.jpg
koiasu24r.jpg
「これ全部でいくらくらいの価値かなぁ?」

鉱石に気を取られがちですが、化石の展示もちゃんとあります。
koiasu25.jpg
koiasu25r.jpg
「おいしそう~」(!?)

鉱石の展示室だけでこんなになってしまいましたが、ほかにも生命の進化やら地層の話なんかも学ぶことができます。
koiasu26.jpg
koiasu26r.jpg
こちらはデスモスチルスという、日本にかつて生息したという哺乳類の骨格標本。見た目は小さいカバのようだったと考えられています。

koiasu27.jpg
koiasu27r.jpg
この巨大な展示は「ジュラ紀の褶曲層」。宮城県石巻市にある露頭を型取りして作成したレプリカですが、地層ってこんなにきれいに曲がるもんなんですね。

koiasu29.jpg
koiasu29r.jpg
劇中で桜先輩が見ていたのはこのショーケースの展示。地学オリンピックというものがあるらしく(昔化学オリンピックというものの予選に出てみたことあったっけ・・・)、石を見て何の鉱石か当てる標本鑑定試験の問題が並べられています。うん、無理ゲー。(桜先輩なら解けるのか?)

koiasu28.jpg
koiasu28r.jpg
アンモナイト階段と名付けられたこの階段、ただのらせん階段と言ってはいけません・・・

このほかに気になった展示。
insect.jpg
こちら、昆虫の標本に見えますが、石の超薄切片で作ったものだそう。その精巧さもすごいですが、よく割れないものです。
こちらは見た目ねっとり甘そうなチョコレート菓子ですが・・・
oil.jpg
じつはオイルシェール(油頁岩)。シェールガスが一時期話題になりましたが、シェールとは英語で頁岩のこと。頁岩とは「泥がたまってできた薄い層状に割れやすい岩石」のことだそう。この泥に有機物が多く、長い年月をかけてその有機物が石油になって固化しているみたいです。
これを350℃で乾留すると、1トン当たり57リットルの石油が取れるんだとか。多いのか少ないのかよくわからない。

たっぷり1時間(いや、足りないかもだけどバスの時間があるので)滞在し、次の目的地へ向かいます。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

恋する小惑星(アステロイド)聖地巡礼(2) [聖地巡礼(舞台探訪)]

(前回からの続き)

川越市内で路地に入って飛び地探しをしていたはずが、気づいたら隣の市にいた。んなわけあるかいと言いたいですがそこはアニメ。現実の世界ではないのです・・・

その飛び地探しに使っていた地図。
koiasumap.jpg
koiasumapr.jpg
どっちが本物だと言いたくなりますが、もちろん本当の地名が入っている下が実際の地理院地図(ここから見れます)。ちょうど中心あたりに、道だけ隣の市という場所があることを示しています。飛び地というより食い込んだ場所ですね。
この地理院地図、これ以上拡大すると詳細図になって飛び地の存在がわかりにくくなるので、あえてこの小縮尺なのでしょう。

アニメでは歩いて行った体になっていますが、実際に行きたい方はこちらから電車に乗りましょう。
koiasu12.jpg
koiasu12r.jpg
5話で出てきた川越駅。地図右上にある上福岡駅までは東武東上線で2駅。
ちなみに下の実際の川越駅の写真は2013年のものです。

さて、その場所に近づいてきました。
尾行を実況ツイートするもんだから、ここに来てばれたの図。
koiasu5.jpg
koiasu5r.jpg
ただの住宅街です。
そこで飛び地の魅力を語るイノ先輩。
koiasu6.jpg
koiasu6r.jpg
ただの住宅街で飛び地について熱く語っております・・・皆さんが訪れた際は、近隣に迷惑にならないよう、別の場所で語りましょう(笑)。
それにしてもすごい再現度ですね。実際に撮った写真をアニメに合わせてトリミングしていますが、そのまんまです。

で、ついに目的の場所を発見。
koiasu7.jpg
koiasu7r.jpg
この右側の道路だけが別の自治体(実際は川越市)、両側の建物はともに同じ自治体(実際はふじみ野市)だそうです。
しかし、実際にはそれを示すものは見つからず、劇中でみんなで自撮りしていた街区表示板(こんな言葉初めて知った)も実際には両側の自治体の名前が記載されています(↓)。
gaiku.jpg
(大井町は上福岡市との合併前の名前)

というわけで、3話の飛び地探しはおしまい。
でも、せっかく5話のシーン(川越駅)を出したので、5話の舞台を少しだけ。
前半で、海から帰るシーンで出てきた電車。
koiasu10.jpg
koiasu10r.jpg
伊豆急行の8000系。座席の色と特徴的な配置ですぐわかりますね(わかる人にはわかるのです)。
この電車の外観は、アニメでははっきり描かれてはいませんでしたが、こんなのです。
8000.jpg

その後、ミネラルショー(鉱石の即売会?)にみらと桜先輩で行くシーン。
koiasu11.jpg
koiasu11r.jpg
会場は池袋のサンシャインシティだったようですね。

(そのうちつづくかも)→つづきます
nice!(0)  コメント(0) 

恋する小惑星(アステロイド)聖地巡礼(1) [聖地巡礼(舞台探訪)]

2020年の冬アニメきらら枠、恋する小惑星(アステロイド)。
地学のお話をがっつりやるアニメでなかなか面白いのですが、その舞台が川越周辺。きららアニメで聖地が近所とあれば行くしかないと思い、聖地巡礼してきました。放送中のアニメの聖地巡礼をするなんて初めてです。

まずはオープニングから。
川越市の中心部からちょっとそれたところにある小さい橋、八幡橋です。
koiasuop.jpg
koiasuopr.jpg
住宅街のへりの様なところです。ここから西は、田畑が多くなります。

こちらは市内にあるモデルとなった学校。
koiasu0.jpg
koiasu0r.jpg
アニメでは昔風の校舎が描かれていますが、この建物のモデルは実際には敷地内の見えないところにあります。でも校門の特徴的な門柱はしっかり再現されていますね。

3話であおとみらが待ち合わせした駅は西武の本川越駅。
koiasu1.jpg
koiasu1r.jpg
待ち合わせのベンチはこの写真の左手前、イノ先輩とすずがアイスを買ってたところは写真の右奥ですね。

この後、飛び地探しをするイノ先輩とすずをみらとあおが尾行するわけですが、最初のシーンがこの有名どころ。
koiasu2.jpg
koiasu2r.jpg
川越を象徴する時の鐘の入り口です。エンディングに時の鐘はしっかり出てきますが、ここでは建物の陰にちらっと写る程度。ちなみにこの自動車用信号は、川越祭りの日には90度回転し、山車の通行の邪魔にならないようになります。

この時の鐘の少し奥がこの場所。
koiasu3.jpg
koiasu3r.jpg

この先は住宅街に入り、飛び地探しが本格化。ですが、飛び地周辺は急に場所が飛ぶので、次回に回します。
(つくばの研究施設めぐり、以前から行きたかったんですが、このアニメを機に近々行ってみようかな…)

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)(7) [鉄道沿線徒歩の旅]

(前回からのつづき)

青物横丁から横にそれて向かったのは品川シーサイド駅方面。
イオンや飲食店が多く立ち並んでいるシーサイドフォレストの一角で行われていたこのイベント。
guiness.jpg
急成長したものの、現在(2020年)衰退していると言われるなどいろいろ忙しい、いきなりステーキのギネス記録挑戦イベント。1店舗1日で1000食が目標だそうで、お値段がイベント価格だったので寄ってきました。
ikinari.jpg
店員(というより社員?)も特製のジャンパーを着こみ、大盛り上がり。ゲームをしながら2時間ほど並んでました…。
check.jpg
店内では、ギネスの審査員と思われる人が焼きあがる肉を真剣に見つめていました。
この挑戦は成功したようで、後日参加者あてに認定証の電子版ダウンロードURLが解放されていました。それによると、この日を含め24時間で1734食だったとか。

この後、横のイオンのラウンジで休憩し、品川行の無料バスに乗りたいなぁという衝動を抑え、青物横丁駅に戻ってきました。
aoyoko_n.jpg
時刻は18:43。すでに真っ暗です。実に3時間以上経過していました。

あとは真っ暗な中を歩きます。
真っ暗なので、駅名標を写そうとすると周りが真っ暗になってしまう…
新馬場駅。
banba.jpg
時刻は19:00、横浜駅から20.8km。

ここから線路は地上に降りてきます。
そして、降りてきたところにあるのが北品川駅。
kitasina.jpg
時刻は19:07、横浜駅から21.5km。
品川駅より南にあるのに北品川駅とよく言われる駅です。しかし、地名で見ると今歩いてきた青物横丁~新馬場あたりが南品川、新馬場~北品川あたりが北品川であり、そもそも品川駅が品川にないというのはこの筋では有名な話。

北品川~品川間には、開かずの踏切かついい撮影スポットとして有名な踏切があります。
cross.jpg
まぁ、夜なのでこんな写真にはなりますが、これはこれでいい感じ。
この踏切を過ぎると線路はJRの路線群を越えていきます。こちらも京急と一緒にJRの線路の反対側へ。この跨線橋から撮った写真がこちら。
yamate.jpg
たぶんE235系の山手線ですね。LEDは点滅しているというのがよくわかる画像です(笑)。

このまま品川駅への狭い歩道を歩き、品川駅へ。
sinagawa.jpg
時刻は19:30、横浜駅から22.2km。
やったー着いたーと思いたくなりますが、京急本線の起点は都営地下鉄浅草線に接続する泉岳寺駅。しっかり最後まで歩きましょう。

ということで、まったく人通りのない大通りを北へ向けて歩き、ついに泉岳寺駅に到着。
sengaku.jpg
時刻は19:44、横浜駅から23.4km。
最後が地下駅というのはどうもパッとしませんが、何はともあれ、これで京急本線の横浜以北を歩きとおしました。

営業キロが23.4kmで、しかも都心だけあって線路に近いところに道があるので、比較的短い時間で歩くことができました(寄り道時間が長いですが)。これくらいが楽しむのにはちょうどいい距離かもです。

(京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)おわり)
nice!(0)  コメント(0) 

京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)(6) [鉄道沿線徒歩の旅]

(前回からのつづき)

平和島の次は大森海岸駅。
omorik.jpg
時刻は14:37、横浜駅から17.4km。

この先国道をまたぎ、ビルの間に突っ込むように線路はのびています。
3050HND.jpg
線路がこのようなルートを取ると、悩むのが沿線徒歩旅のルート。右から攻めるか左から攻めるか、この写真を撮った歩道橋の上で悩んだ挙句、大通りを通らない右側ルートを選択。歩道橋を反対側にわたります。
そこにあったのがこちら。
suzu.jpg
鈴ヶ森刑場跡。要は処刑場です。江戸時代、ここで火あぶりやら磔やらの処刑が行われていたそうで…。

この先、裏道のようなところを歩いていくと、なぜか現れたのは坂本龍馬。
ryoma.jpg
坂本龍馬といえば、高知県のイメージです。なのになぜここに坂本龍馬?(しかも「品川龍馬会」というのぼりまであるし)。説明版に書かれている文章によると、坂本龍馬は黒船来航時に警備のために動員された武士の一人としてこの近くに来ており、黒船を見たことがこの後の活躍の礎になったのようなことが書かれていました。なるほどそういうことでしたか。

この像があるのは立会川駅の近くです。
tachiai.jpg
時刻は15:02、横浜駅から18.7km。

寄り添う道がないので、また大通りを歩き次の駅へ。
samezu.jpg
鮫洲駅。時刻は15:14、横浜駅から19.5km。

ここから品川方面を見ると、大きくカーブしていく電車が見れます。
1000.jpg
そしてそのカーブの先がすぐ次の青物横丁駅。
yokocho.jpg
時刻は15:21、横浜駅から20.0km。なんと鮫洲―青物横丁間は500mしかないのでした。

この先も北上するのですが、ここまで延々歩き続けてきたので、がっつりしたものを食べに行こうと、ちょっと寄り道。とあるイベントに顔を出します。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)(5) [鉄道沿線徒歩の旅]

(前回からのつづき)

蒲田から先もずっと高架沿いを歩きます。
蒲田を出ると、途中大通りと京急の線路の間にこんな公園が現れます。
yasiki.jpg
聖蹟蒲田梅屋敷公園。かつてこのあたりは梅で有名だったらしく、それを見るためのお屋敷がいくつもあったそうです。聖蹟とは、天皇の行幸地、つまり天皇が立ち寄ったところ。有名どころでは京王線の聖蹟桜ヶ丘なんかがありますね(→この時行ってます)。

ということで、次の駅は梅屋敷。
umeyasiki.jpg
時刻は14:01、横浜駅から15.0km。
駅前の商店街のゲートも、名前にちなんでお屋敷風です。
gate.jpg

線路と1区画離れた国道を歩いています。
道路の拡幅工事でもしようとしたのか、新しい神社がずいぶんと後ろに下がって建てられています。
road.jpg
まぁ、これぐらいしか見るところもなく次の大森町駅に到着。
omori.jpg
時刻は14:10、横浜駅から15.7km。

ずっと高架沿いを歩いていくと、今度こそ特に何も見るところなく、次の駅についてしまいました。
ボートレースくらいしか思いつかない平和島駅です。
heiwa.jpg
時刻は14:22、横浜駅から16.5km。
まだまだひたすら歩きます。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)(4) [鉄道沿線徒歩の旅]

(前回からのつづき)

川崎からは大師線が分岐しています。大師線は地上を走りますが、今日追いかける本線はこの先高架区間になり、多摩川を渡ります。
5300.jpg
大師線踏切より京急本線を見る。青空に白い都営5300形も映えますね。
多摩川を越えるため、こちらはいったん大師線沿いを迂回し、国道15号(第一京浜)へ。
daishi.jpg
大師線をまたいで橋を渡ります。遠くに本線が見えています。

橋の上でついに東京都!
tokyo.jpg
この橋(六郷橋)と京急線の線路の間の河川敷はゴルフ練習場になっていて、休日のこの日は大勢のゴルファーでにぎわっていました。
golf.jpg
こう見るとなかなか圧巻ですね。電車のほうまで飛んでいかないのかしら・・・。

次の六郷土手駅は、まさに六郷にある土手の上にある駅。
dote.jpg
時刻は12:49、横浜駅から11.6km。
本当に土手に作られているので、土手と平地の高低差をうまく生かした駅のつくりです。

この先はこの高さ利用し、そのまま高架線へ続きます。電車が見えなくなるのはちょっと寂しいところ。
up.jpg
高架沿いをずっと行くと、次の雑色駅に到着。
zoshiki.jpg
時刻は13:05、横浜駅から12.8km。
なんか飾り気のないのっぺりした駅です。駅前には商店街があったのですが、それがこちら。
elephant.jpg
「ぞうしき」なので、ゾウがマスコットのようですね(そのまま)。

ずっと高架は続き、そのまま要塞の壁へ・・・
次の駅は、かの有名な(?)京急蒲田。
kamata.jpg
時刻は13:29、横浜駅から14.2km。
壁のようにそびえたつ姿、構内配線の複雑さから、蒲田要塞との異名を付けられています。
駅の真ん中から分岐する空港線、同じ方面の列車が別の階から発車する初見殺し、都心の私鉄に似合わず切り欠きホームから出発する列車など、要塞の名にふさわしい運用を見せてくれます。さすが京急。

今回は空港線はスルーし、この先もまっすぐ本線を北上します。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)(3) [鉄道沿線徒歩の旅]

(前回からのつづき)

花月園前駅の近くには、昔のまま取り残されたようなたたずまいで有名な、JR鶴見線の国道駅があります。
kokudo.jpg
国道との交差部にあるから国道。京急の産業道路駅と似たような名付け方ですね。
駅の中ばかり注目されますが、その前後の高架橋もなかなかのもの。
turumiL.jpg
ぴったり建物がはまり込んでいます。別建てなのか一体化しているのかよくわかりません。

ここから旧東海道をまっすぐ北へ歩いていくと、京急鶴見駅に到着。
tsurumi.jpg
時刻は10:40、横浜駅から6.9km。
向かい側にはJRの鶴見駅があります。

ここから電車は鶴見川を越えます。
turumiR.jpg
青い空に赤い電車はよく映えます。
鶴見川はそこそこの主要河川なのに、ここに川崎市との境が設定されることはなく、横浜市鶴見区のまま。鶴見川の左岸がなぜ川崎市にならなかったのか不思議です。

というわけで、まだ鶴見区なので、駅も鶴見市場駅。
ichiba.jpg
時刻は11:13、横浜駅から8.4kmです。
ちなみにこの鶴見―鶴見市場間1.5kmは、横浜―泉岳寺間では最も駅間が長い区間です。多摩川越えより長いです。

線路沿いを歩き続け、次の駅に近づくと、こんなレトロな商店街が。
shopping.jpg
八丁畷(はっちょうなわて)ショッピングセンター。アーケードではなく、南武線(浜川崎支線)の高架下が商店街になっています。
商店街の名前になっている八丁畷駅はすぐそこ。
nawate.jpg
時刻は11:27、横浜駅から9.1km。
八丁畷は京急の駅のイメージがありますが、跨線橋に南武線(浜川崎支線)の駅があります。駅構内の跨線橋がそのままホームになっているのは結構珍しい構造です。
階段上がったらこの光景↓
JRnawate.jpg

八丁畷駅を出て、線路沿いの道を探しているとこんな光景が。
low.jpg
高さ制限1.8mの低い道。まぁ、もっと低い道もありますが、これでも十分低いです。自分の身長から言って理論的にはそのまま通れるのですが、どうしても反射的に身をかがめたくなる低さです。でも地元の人は自転車で難なく通過。慣れですね。

大通りに出ると、急に景色が開けます。
nissin.jpg
ここまで来れば、川崎駅はもう少し。
kawasaki.jpg
時刻は11:49、横浜駅から10.4km。
京急の快特なら7分で着く距離を、3時間以上かけて歩いてきました。
ちょうどお昼なので、ここで昼ご飯にしてから再出発します。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 

京急沿線徒歩の旅(横浜―泉岳寺編)(2) [鉄道沿線徒歩の旅]

(前回からのつづき)

子安の次は京急新子安。
n_koyasu.jpg
時刻は9:44、横浜から3.9km。
隣にJRの新子安駅があり、さらに駅の上を高架橋が通っており、そこへつながるランプウェイもあることから、駅前は結構ごちゃごちゃしています。
子安から新子安までの間にいつも気になってる初音ミクの痛車があるのですが、調べてみるとそこそこ有名な人のようなので、写真を載せるのはやめときましょう。

新子安を出て少し行くと、京急では有名なこの踏切。
henjyo.jpg
遍照院(へんじょういん)というお寺の目の前に踏切があり、そこを電車が高速でひっきりなしに通ります。お参りが終わって出てきても、油断していたら大変なことになりそうです。

このあたりから、遠くにキリンビールの工場が見えてきます。
kirin.jpg
鶴見区に入り、高速の高架橋と古めかしい高島貨物線の高架橋をくぐると、すぐに横浜市営バスの鶴見営業所。
busdepot.jpg
いかにも昭和らしい、団地の下のバス車庫です。

もう少し行けば、生麦駅に到着。
namamugi.jpg
時刻は10:11、横浜駅から5.3km。
先ほどのバス車庫にあったバス停の名前も生麦ですが、そことは400mほど離れています。

次の駅までは、線路横の細い道を歩きます。
1000kuri.jpg
目の前を京急の誇る快特が通過していきます。さすが路地裏の超特急。
ということですぐに次の花月園前に到着。
kagetsu.jpg
時刻は10:23、横浜駅から6.1km。
花月園って何だろうと思って調べると、昔の遊園地のようですね。
閉園後競輪場となり、それもなくなって現在絶賛再開発中とか。大開発されたら、この駅が急行の停車駅になったりして・・・(この駅も2020年3月に改称され、花月総持寺になる予定です)。

(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -